« 修行 | トップページ | なんだかなぁ・・・ »

2006年6月 1日 (木)

期待値のお話し

こんばんは、サトるです。

今日は各店、大きめのイベントと謳っていたが具体的な内容は謎。

結局、名ばかりのイベントで月末の回収って感じか。

ちょっと期待していたのに・・・(ほんのちょっとだけ)

イベントやってない店のゴルゴで6を発見して(午後2時半に)、なんとか勝利(二万強)

稼動報告はこれくらいで・・・(とくに見せ場も無いし)

今日は期待値のお話し(某誌の誌上プロが書いてたのを基に)

まずは人気blogランキングへポチッとな

パチ&スロで稼ぐ=期待値を稼ぐ(積み重ねる)

期待値を稼ぐにはパチなら回る台で粘る、スロなら高設定で粘る(ハイエナもあり)

これは基本中の基本ですよね?

でも最近のスロプロ(ハイエナ世代?)はこの考え方が希薄なんじゃね?

それにはシステム的な違いも関係している。

パチは釘が見える(回転数等がわかる)から期待値の計算ができる。

スロは設定が分からない(状況や機種によってはすぐわかる場合もあるが)。さらに、パチと違って消化ゲーム数(スピード)も人によって変わるので期待時給も変わってしまう。

だからスロは期待値という考え方が成立しにくいのです(ハイエナは別)

だからスロでは目先の勝ち負けに囚われやすいのです(わかるかな?)

しかし、パチもスロも基本は同じ、期待値を稼ぐ(積み重ねる)事が勝利への道なのです。

パチで良く回る台を打てば期待値が上がるように、スロも高設定で粘れば粘るほど得をするんです。

「そんなの当たり前じゃん!」って言っちゃったそこのあなた!本当に実践できていますか?

例えば、等価の押忍!番長の設定6で展開が悪く、嵌ってREG単の繰り返しとかで多大な負債を抱えた時などまだまだ充分に時間があるのに「逆転不可能」とか言ってやめっちゃったりしてませんか?

例えその日の勝利が無理だとしても打ち続けることによって期待値が稼げる(得をする)のです(強力な精神力が必要)

ストック機の場合、交換率、残り時間、など状況によってやめ時は変わりますが基本的な考え方は同じなのです。

最近の辛いストック機ではこの考え方はキツイのも事実なんですがね。ええ。

一般の方にはこの考え方は無理だと思いますが、プロならばこの考え方は絶対なのです。

お兄さんには文才がないので分かり難かったかもしれんけど・・・

お兄さんの言いたい事が少しでも伝わっていれば幸いであります!(軍人のように敬礼しつつ本日は終了)

※お兄さんの考える高設定とは設定6のことです(機種によっては5もギリギリOK)

※設定4は断じて高設定では無い!中間設定です(最近のパチ屋は4を高設定と言うけど・・・それは違うだろ!)

|

« 修行 | トップページ | なんだかなぁ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57949/2020347

この記事へのトラックバック一覧です: 期待値のお話し:

« 修行 | トップページ | なんだかなぁ・・・ »